サラリーマンの無駄遣い武勇伝



更新日:2014/11/27

キャバクラで20万円使った話をかきたいと思います。きっかけは、フェイスブックで中学生の同級生と友達になったのが原因です。私は、普通のサラリーマンで、当時の月給が22万円程度でした。中学生の同級生がキャバクラ嬢で、今度お店来てっていわれたので、仕方ないから安くしてくれるなら言ってやるよという返事をしていました。ボーナスも入った事もあり、その同級生のお店に行く事になったのですが、店をみてビックリしました。何か普通のキャバクラじゃなく高級レストランのような感じのするしゃれたみせで、入った瞬間にまずいとおもいましたが、メニューを見ていいちこが4000円とかかいてあったので、はったりの利いた安い店だと思っていたのですが最初の2時間の会計が4万5000円ぐらい取られてしまいました。ビールを飲んでいたのですが、その同級生が頼む頼む、フルーツや、ナゲットなど食べたい放題で4万円を超えてしまいました。私は、普通のサラリーマンですので高給取りじゃないのですが、同級生という事もあり、まあこれぐらいはいいかと思っていたら、そのお店がしまってしまい隣の店に移動しようと同級生が言ってきましたので、まあ、見得もありじゃあいこうかという事になりました。隣に入ったら、女の子が同級生の他に2人もついてしまいどんどん飲むし頼むし私もべろんべろんになってきましたが、それでも3時間ぐらい飲んでいました。お会計はさきほどの4万円ぐらいかとおもっていたら、請求書を見てビックリしたのですが16万いくらとかかいていてビックリしました。やはりこのような店で、飲み食いするとすごい事になるなと思ったのですが、財布の中には2万円しかなく、泣く泣くカードで支払いました。本当にあのような夜の店で豪遊すると20万なんて私のサラリーは、一瞬で吹っ飛ぶという事が経験できてと手もいい経験になったと思います。

しかしどう考えても、ボッタクリではないにしても、同級生の店にいったら20万円吹っ飛んだというのはすごい経験だと思います。その同級生のキャバクラ嬢からは、次の日にメールで「昨日はとても楽しかった、ひさしぶりに飲めて楽しかった、また着てね」という営業メールが朝届いていました。20万使って、こんなメールですむ、キャバクラ嬢とかいうのは、やはり違う世界に住む人たちなのだなと思いました。この話を他の同級生とかにいうと、俺もメールきたけど行かなかったという話を聞いたのでやはり私は、騙されたのかなと思います。フェイスブックは怖すぎだと思います。 でもしかし、多分ですが、買い物以外で人生で一番最高の飲み代だろうし、一番起きたときに後悔した朝だと思いましたが、いい経験になったと思います。キャバクラには、現在もたまに行くのですが、お金持ちにとってはたいした事ない20万円でしょうが私など普通のリーマンには、辛い20万円だったので、現在は知っている店で1万円程度でちびちび飲んでいます。



即日でお金借りることが出来るサービスが有ります


冠婚葬祭や病気やけが、急に現金の必要性に駆られる方が多く居られます。お金借りることが出来るサービスは現在大変多くあり、企業やサービス内容によっては即日で現金を用立てすることが出来るサービスも多くあります。全国各地に存在している消費者金融は、必要書類さえ整っていれば即日で審査を行ってくださり、審査に通ればすぐに現金を用立ててくださる企業が多くあります。申し込みは簡単で、ご自身の身分を証明することが出来る身分証明書と、ご自身の所得を証明することが出来る書類、印鑑を持ち合わせて窓口にて申込を行なえば、当日中に審査を行ってくださり、審査に通ればその場で現金を用立ててくださる企業が多くあります。今すぐに現金が必要だという方でも、スピーディーに大変便利にお金借りることが出来ます。また最近では、インターネットを利用してWEBで申し込み手続きが出来る企業も多くあります。この場合も即日利用を行うことが出来る企業が多くあり、素早く手間なしで借り入れの申し込みが出来るようになっております。また、最近では銀行や信販会社から提供されているカードローンにも、即日利用可能なサービスを提供している企業が沢山有ります。

http://xn--t8j0gd26bw99jfgeo62b5o7e.com/